FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



BytaFont1.6とCJKフォントについて思うこと

「使えない!!」

この一言に尽きる・・・

外国人から見れば、CJKフォントに対応すれば、日本語にも対応できたという判断なんだろうか?
逆に考えたら・・・例えが出ない・・・
CydiaにiOS6オリジナルCJKがあったので、落として覗いてみた。
STHeitiだった・・・

このSTHeitiは、Winterboardでフォンと変更する際、変更に失敗すると表示されたフォントだ。
日本のiPhoneでは、ヒラギノで表示するようになっているが、その根っこの部分ではSTHeitiで代用するようになっているのであろう。
根っこの部分というと、結構奥まで入らないとできないことをやってくれるiCleanerというものがある。
これを開くと、日本語が変な感じである。
そう!これこそがSTHeitiなのだ〜!!
iCleaner-STHeiti

STHeitiはTTCなので、TTFに分解して、日本語フォントの部分だけ置き換えて、またTTCにすればできるかな??と思ったけどできず・・・
メイリオはTTCだから・・・ということでSTHeitiにリネームしたけどできず・・・
挙げ句の果てに、BytaFontから「STHeitiがないよ!」というメッセージが出るので、BytaFontはSTHeitiしか受け付けないのだろう。
その前から出ていたエラーは「このSTHeitiは使えないよ!」だったので、なおさらSTHeitiオンリーなのだろうと思う・・・

・・・ということは・・・

結局つかえないぢゃん!!

そもそも、サイト更新を後回しにして、アプリ開発を始めたはずなのに、どうしてBytaFontをやっているのだろう・・・
iOS6.1が出たからなんだけどね・・・

iOS6.1が出たからこそ、evasi0nもリリースされたので、iOS6.1自体は問題ではない。
evasi0nのリリースで完全脱獄できるようになり、サイトを訪問した人からの問い合わせが急増したために、サイトの方へ戻らなければならなかったのだ・・・
まぁそれも言い訳になるのだが・・・
iPhone5も完全脱獄できるようになったことで、やっと更新できるページもある。
それは、キャリア関連のページだ。
だから、問い合わせを理由にサイト更新に戻った感じにしてみた。
そのメールの中に、フォントのことがあり、そのタイミングでBytaFontのアップデートもあり、ちょっと覗いてみたら日本語に対応・・・とあったのだ!
まさかCJKに対応しただけとは・・・

結局使えないことが判明したし、ついでにサイト更新もやっておいたし、アプリ開発の勉強も始めたことだし・・・

いっちょTweaksでも作ってみますか!?
もちろん、日本語フォントに特化したtweaksだよん


Xcodeバージョンに振り回されている

iPhoneアプリ開発勉強中なう。

確か、Twitter(@Bokechans)ですら出現していない「なう」を出してみた。

現在の開発環境はすべて最新なので、参考にするものとのバージョンが合わない。
これは、OSXよりもXcodeのバージョンのことだが、かなり便利になっているらしい。
便利になっているのは良いことなのだが、便利になるということは「省略できる」ようになることであり、その変化が分からない。
英語で言うところの、"I am"と、"I'm"がまったく別物に見えている感じかもしれない。

とにかく、サンプルコードを打ちまくるということもやっているが、かなり便利になっていることを踏まえると、ラオウの道を進むのも疑問である。
便利なら、もっとスマートに理解したいのだが、きっとその基準が違うんだろうと思う。
もう少し「剛」でやってみるか・・・

「剛」より「柔」が理想なのだが・・・


アプリ開発はXcodeで

サイト更新を一時中断してまで始めたアプリ開発。

一時とは言え、犠牲を払ってまで始めたので、当然じっくり取り組むつもりだ。
英語で言うところの「アルファベット」から始めようと、本屋でいろいろ読み漁った。
MacのXcodeを使って作ることが分かった。
そのスタートにはテンプレートがあり、アプリの種類がスタートで別れるらしい。
個人的に、基本さえ押さえておけば、テンプレートは必要ないと思っているので、どの本にも書いてあるテンプレートは読み飛ばすことにした。
しかし、知識だけではつまらないので、何か形になることをしないと続かないことも分かっている。

ウェブサイトでも、知識を積み重ねている。
ネットでの学習ならば、その場で何か始められるので、Single View Applicationで何か作り始めることにした。
これもテンプレートなのだが、先に進むには妥協も必要ということで・・・

とりあえず、テーマでよく見たUI部品の配置をしている。
Storyboardというもので、部品を簡単に配置できるので、あとは動作をつないでいけばOKらしい。
ボタンを押してラベルの文字を変更するというのがサンプルの定番の様だが、スピード重視ということでそのへんは飛ばしていきたいところでもある・・・

自動車エンジンコンピュータのソフト開発でC言語を使っていたので怖くはない。
ただ、CでWindowsアプリケーションを作るとき、ウィンドウもボタンなどの部品もすべてコードを記述しなければならなかったので、楽チンなVisualBasicを使っていた。
ExcelやAccessのマクロにも使えるので、有効利用していた。
その頃の最新プロセッサがPentium4の500MHzだったので、かなり前の話ですね。
XcodeのStoryboardによって、VisualBasicのように楽できると思っている。

はたしてどうなることやら・・・


bokechans.netサイト更新一時中断

毎日せっせと更新してきたサイトを一時中断することになりました。

サーバーは借り物ですが、サイトは何も無い状態から作り上げてきました。
そもそも「テンプレート」というものすら知らなかった状態からのスタートでしたので、ここまで作ってきた達成感はかなり感じています。
サイトのページも数百となってくると、一人では手に負えなくなってきました。
それが中断の理由ではありませんが、放置ページが増えてきたことも事実です。

bokechans.net開設は、子供が生まれた時期と重なりますので、子供の成長と同様にサイトの成長も感じています。
大きくなるのは良いのですが、しつけ(コントロール)しないと手に負えなくなるのは子供もサイトも同じような気がします。
子供が「つかまり立ち」を始めた頃に、サイト構造変更の大詰めを迎えており、編集中の画面が訳の分からない文字だらけにされたことも良い思い出です。

サイトが大きくなるということは、サーバーにアップロードする容量も増えるということです。
子供が大きくなると、食べる量が増えるのと同じですね。
一言で言うと「金がかかる」ということです。
サーバー容量は何とかやりくりすれば良いので、利用料金は変化しないとしても、小遣いがどんどん減っていくと、サーバー料金の負担率が増えてしまいます。
そこで、広告を貼ることで、「自分のことは自分で稼ぐ」という形にしたかったのですが、簡単には稼げるはずもありません。
クリックするだけで良い広告を用意しても、クリック率が増える訳でもありません。
かといって、「クリックの協力をお願いします」という私自身が好まないサイトになっていくのも嫌なので、呼びかけができる訳でもありません。
サイト内容だけでなく、広告も考えなければならなくなったのです。

趣味の延長で始めたサイトなので、本来なら自由にやりたいところなのですが、なかなかそうも言ってられませんね。
こちらも子供と同様で、優先順位を変更せざるを得ないということです。
お金だけの問題ではありません。
それ以上に私を動かすものがありました。
せっかくiPhoneネタで大きくなったサイトですので、iPhoneネタをもっと増やしつつ、他のページも増やしたいのです。
しかし、それを実現するだけの時間がないのです。
これは、今始まった訳ではありません。
問い合わせメールの内容もレベルが上がってきたので、サイト内容のレベルも上げなければならないのです。
最近ではiOS6の再検証に追われていましたが、再検証と同時にずっと考えてきました。

その答えは・・・

iPhoneアプリを作ることにしました!!

上の子が小学校に上がることもあり、自家用車も買い替える必要が出てきました。
iPhone以外のページで「VOXYの棚」があるのですが、買い替えるのはVOXYではなく、ウィジェットの例えに出てきたEXIVの方です。
マニュアルなので、もう少し楽しみたかったのですが、背が低い上に室内高もないので実用性を考えると・・・

これからお金がかかることが分かってはいるものの、それを補うだけの力がないのです。
もっと広告をクリックしてもらえるようにするか、もっと効率の良い広告を探すか、アルバイトを始めるくらいしかありません。
このままでは、すべてが行き詰まってしまうことは明らかなので、動くしか無いんですね。

アルバイトは確実にお金になるけど、確実に時間が取られます。
これではサイト更新どころではありません。
広告に力を入れれば、今よりは改善されたとしても、サーバー費用の足しにはなっても、生活費の足しにはならないと思います。
そこで辿り着いたのがiPhoneアプリの開発なのです。

どうせ時間が取られるなら、次に繋がる使い方をしたかったので、iPhoneに関することなのでちょうど良いのです。
iPhoneの内部に触れることで、もっとiPhoneネタを増やすことができるし、アプリが当たればかなり大きいと思うのです。
もともとやりたかったことなので、いつでもやれるように環境だけは確保していました。
あとは、「移行」だけなのです。

iPhoneのウィジェットは、iPhoneアプリをやる前にやっていただけなのですが、まだまだやりたいことが残っているので、完全な移行はまだ先かもしれません。
そろそろiPhone5の完全脱獄ツールが公開されるということなので、画面の長さを活かした「振り子時計」ウィジェットも作る予定でした。
カレンダーウィジェットの複数月表示も、壁紙チェンジャーのように切り替わるものを作る予定でした。
カレンダーウィジェットの祝日表示もやりたかったですね。
カレンダーアプリの予定を、ロック画面のカレンダーウィジェット上に表示することも考えていました。
脱獄無しで、iPhone5のSafariで開けるページ数を増やす方法も紹介したいですね。
iphone5_safari_tab+.jpg
iPhone5のスクリーンショットですが、脱獄している人ほどビックリするかもしれない状態ですね。

そんなこんなで、iPhoneアプリ開発に取りかかりますが、やりたいウィジェットも気分転換扱いでに進めていきます。
そこで考えたことなどをブログに綴っていきますので、サイト更新よりもブログ更新の方が増えると思います。
こちらは自由に書き込みできるので、サイトへの問い合わせメールよりも多くの人が書き込むかもしれません。
どんな書き込みでも良いのですが、できればiPhoneアプリのネタになりそうな書き込みがあるとありがたいです。
ゲームはムリですので、便利系のアイデアがあると助かります。
上手くいけば、脱獄アプリも作れるようになるかもしれません。
夢は「国産脱獄ツール開発」ですが、先ずは最初のアプリを作ることから始まります。
英語を学ぼうとしてアルファベットから始めている段階ですが・・・


新年1発目!

あけましておめでとうございました。
前回もこんな感じだったような・・・

訳あって、ブログ復活することになりました。
その訳とは・・・

また次回にでも・・・



Appendix

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。