FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iOS7をiPhone4に入れてみた

iPhone4にiOS7を入れてみた。
アップデート中の画像から変わっていた。
リンゴ自体に影が無くなったので、白地に黒のリンゴだった。

お決まりの挨拶に始まった。
ios7_start1.jpg
スライドは、画面全体なんですね。

ios7_start2.jpg
とりあえず、バッテリーには色が付いていることが分かります。

ios7_start3.jpg
シンプルですね・・・

ios7_start4.jpg
キーボードもシンプルです。
シンプルすぎる・・・

面倒くさい作業ですが、久しぶりに画像をアップロードしました。

シンプルすぎて、artworkファイルも無くなっているのではないかと危惧しております。


BytaFont1.6とCJKフォントについて思うこと

「使えない!!」

この一言に尽きる・・・

外国人から見れば、CJKフォントに対応すれば、日本語にも対応できたという判断なんだろうか?
逆に考えたら・・・例えが出ない・・・
CydiaにiOS6オリジナルCJKがあったので、落として覗いてみた。
STHeitiだった・・・

このSTHeitiは、Winterboardでフォンと変更する際、変更に失敗すると表示されたフォントだ。
日本のiPhoneでは、ヒラギノで表示するようになっているが、その根っこの部分ではSTHeitiで代用するようになっているのであろう。
根っこの部分というと、結構奥まで入らないとできないことをやってくれるiCleanerというものがある。
これを開くと、日本語が変な感じである。
そう!これこそがSTHeitiなのだ〜!!
iCleaner-STHeiti

STHeitiはTTCなので、TTFに分解して、日本語フォントの部分だけ置き換えて、またTTCにすればできるかな??と思ったけどできず・・・
メイリオはTTCだから・・・ということでSTHeitiにリネームしたけどできず・・・
挙げ句の果てに、BytaFontから「STHeitiがないよ!」というメッセージが出るので、BytaFontはSTHeitiしか受け付けないのだろう。
その前から出ていたエラーは「このSTHeitiは使えないよ!」だったので、なおさらSTHeitiオンリーなのだろうと思う・・・

・・・ということは・・・

結局つかえないぢゃん!!

そもそも、サイト更新を後回しにして、アプリ開発を始めたはずなのに、どうしてBytaFontをやっているのだろう・・・
iOS6.1が出たからなんだけどね・・・

iOS6.1が出たからこそ、evasi0nもリリースされたので、iOS6.1自体は問題ではない。
evasi0nのリリースで完全脱獄できるようになり、サイトを訪問した人からの問い合わせが急増したために、サイトの方へ戻らなければならなかったのだ・・・
まぁそれも言い訳になるのだが・・・
iPhone5も完全脱獄できるようになったことで、やっと更新できるページもある。
それは、キャリア関連のページだ。
だから、問い合わせを理由にサイト更新に戻った感じにしてみた。
そのメールの中に、フォントのことがあり、そのタイミングでBytaFontのアップデートもあり、ちょっと覗いてみたら日本語に対応・・・とあったのだ!
まさかCJKに対応しただけとは・・・

結局使えないことが判明したし、ついでにサイト更新もやっておいたし、アプリ開発の勉強も始めたことだし・・・

いっちょTweaksでも作ってみますか!?
もちろん、日本語フォントに特化したtweaksだよん


iOS5.0.1 完全脱獄

iOS5.0.1の完全脱獄がやっときましたね。






・・・と言うより、
キター!!って感じかな。


脱獄中の画面に見とれていると、ふと、スクリーンショットを撮りたくなり、つい、撮ってしまった・・・
今思うと、撮れる訳ないんだよね・・・
シャッター音が聞こえず、画面が消えた・・・

あ゛・・・

・・・と思っていたらリンゴマーク出現・・・
半信半疑で眺めていたら、立ち上がった・・・
試しにリブートしたらできた・・・

いったい何だったんだろう???
たまたまリブートと同じタイミングだったのかな?


iOS5.0.1でSHSH取得

Saurikの噂が気になったので、早速Cydiaを開いてみた。

5.0.1のSHSHの表示が出た・・・

また1つiOS5に対応したと実感した瞬間だった。

私もiOS5サイト作成の続きに取りかかろっと。

cydia501



iPhone4でSiri

脱獄している方で、脱獄アプリを最近探した方なら、もうご存知かと思いますが、iPhone4SのSiriの脱獄アプリが出ています。
Repoは載せませんが、H1Siriというアプリです。
私もインストールして使ってみましたが、このアプリはいろいろな意味でやめておいた方が良いですね。
同時にDockというアプリもインストールしたのですが、どちらが原因か分かりませんが、フーリーメモリが300MB近くあるのに、動きがとにかく重いのです。
初めてAndroidを操作したときのカクカクした感じの50倍くらい重いのです。
たかが、ページの移動で1秒ほどかかるのです・・・

対処するにも重すぎて、操作していられなかったので、復元しました。
現在は、5.0.1で脱獄のみの状態です。
これから環境を整えるところです。
Appsyncすら入れていないので確認することができないのですが、ちょっとした情報があります。

過去にAppStoreから、iPhone4S以外でもSiriが使えるように、「Siri」というアプリを出していたらしいのです。
そこで、Siri.ipaを探してみると、やはり出回っていました。
なんと6.3MB・・・

Ac1dSn0wのPwnDevTeamのブログでは、このipaを解析しているらしき記事がありました。
AppStoreにはすでにありませんので、脱獄アプリとしてPwnDevTeamから出る日も近いかもしれませんね。

とりあえず私はiOS5用の脱獄アプリサイトをせっせと作成中です・・・


Appendix

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。